Archives

PROJECT

フリークス ストア長野がリニューアル。門出を祝う、ローカルブランドたち。

善光寺を望む街中で、フリークス ストア長野が3月20日にリニューアルオープン。その門出を祝うオープニングイベントには、地元に根を張るブランドも出店します。そんなローカルブランドの魅力を知るべく、出店する方々へのインタビューを敢行しました。

Take Product

ー「Take Product」はどんなブランドですか?

長野県須坂市の材木屋『竹内木材』が運営する、インテリア・ファッション・プロダクトブランドです。「生活・民芸・ときどきPUNK」をテーマに、世界中で見つけた民芸品などの「いいもの」や、ビンテージアイテムを使った1点ものの洋服などを販売しています。

ー「生活・民芸・ときどきPUNK」とは?

パンクスの少年たちがやっていた事って、基本は手作り=クラフトの精神からくるものだと思っていて。革ジャンをわざと切ったり、色を塗ったり、缶バッジで装飾したり。お金がなくても、自分の手ひとつで工夫をしながら格好良く「歌舞いて」いく。その精神を現代に思い出せるような商品を扱っています。

▲左から「リビルドシャツ」35,000円(税別)。右端は軍のテント生地から作った「法被」38,000円(税別)。

ー人気の「1点もの」は何ですか?

オリジナルのミリタリージャケットです。プロダクトづくりの途中で出るミリタリー生地やテント生地の「端切れ」をリプロダクトして、既存のジャケットに融合させることでオリジナルの洋服に仕上げます。男性・女性問わず人気なのはアクセサリーの「ロゼット」ですね。シンプルな服に付けても雰囲気が出るので、「人と違うものになりたい」という気持ちを助けられるアイテムだと思います。

▲ミリタリー生地やデニム生地をリプロダクトした「ロゼット」。大・小・缶バッジのセットで7,500円(税別)。

※一部商品は、イベント終了後も「フリークス ストア長野」にて常設販売されます。

 


 

POTTERY STUDIO K

ー「POTTERY STUDIO K」はどのようなブランドですか?

「土」を素材とした装身具を作る、アクセサリーブランドです。窪んだ模様に色を流し入れたようなデザインの「Ohana」、制作過程で出た欠片をデザインした「kakera」、今回のイベントでお披露目する新作の「coral」など、陶芸の技法を使って様々な表現をしています。

▲左からノベルティのピンバッジ、「coral」のピアス・12,000円(税別)

ーなぜ「陶芸でアクセサリー」を?

大学時代、陶器に色をつける「釉薬」のことを勉強したのがきっかけでした。複数の釉薬を調合して美しい色を作るうちに、「この色たちをどうしよう」と考えて。最初は大きな髪留めから始まって、イヤリングやピアスを作るようになりました。

 ー作品は、どんなスタイルに合いますか?

土の素材はシンプルで肌馴染みがいいので、カジュアルからフォーマルまで色んなシーンに合いますよ。陶器って日常生活ではお茶碗とかで目にすることが多いけれど、アクセサリーにするとどこか目を引く存在感があるんです。付けるだけで、少し特別な日に感じてもらえたらと思います。

▲形もさまざまな新作「coral

※一部商品は、イベント終了後も「フリークス ストア長野」にて期間限定販売(〜4月30日)されます。

 


 

MiM GARDENS -宮下果樹園-

ー「宮下果樹園」とはどんな場所なのですか?

長野県「北信五岳」をのぞむ豊野町で、100年続く林檎園をしています。「自然を食べよう、自然を遊ぼう」をテーマに、生のリンゴだけではない、色んな楽しみ方を提案しています。商品はオンラインストアで販売している他、各地でのイベント出店でも買っていただけます。

▲「信州プレミアムアップルジャム 400g」1360円(税別)〜、ドライフルーツ「APPLE TRIP」600円(税別)など

ーどんな商品を販売していますか?

厳選した果実を使った「プレミアムアップルジャム」や、自家製のシードルを販売しています。昔は農家の作るジャムって「出荷できないリンゴを使う」ところも多かった。でも、獲れたてのリンゴを使ったり、作り方にこだわればもっと美味しくできると考えて。近くのジャム屋さんと協力しながら、品種・皮の有無・切り方・糖度・煮詰め方に至るまでこだわって作っています。

ー他にも特徴的な商品はありますか?

実は、商品を食べてもらうシチュエーションごとに「キャンピングライン」や「マウンテンライン」などのシリーズを作っています。キャンピングラインにはリンゴの果実酒「シードル」やジャム、紅茶。マウンテンラインには、登山の時に行動食として食べられる「ドライフルーツ」を販売しています。自分自身、長野の良さや自然の恵みを実感したのはアウトドアでの遊びの中でした。長野のリンゴの美味しさも、そうした山遊びの中で実感してもらえたら。

※一部商品は、イベント終了後も「フリークス ストア長野」にて期間限定販売(〜4月30日)されます。

 

 

No Comments
PRODUCT

ピュアな憧れを追いかけて。芸人・上田歩武は刺繍をする。

芸人と刺繍職人。グッドウォーキンの上田歩武は、そんな二足のわらじを履く。お笑い芸人である彼が毎日せっせと刺繍の針を刺す理由は、どこまでもピュアな思春期の憧れにあるという。好きなことを突き詰め続けると、ときとして思いもよらない景色に出会える。彼の等身大の言葉は、そんなことを教えてくれた。

まだ何者でもない。高円寺の居酒屋にたむろしているような夢を追う人です

ー上田さんって、普段はどんな風に自己紹介するんですか?

グッドウォーキンの上田です。刺繍芸人です。って説明するんですけど。ときどきフリーターって言っちゃいますね。謙遜というか、ちょっとまだ照れるところがあって。

ーどうしてなのでしょう。

芸人としても、刺繍の職人としても、まだまだ途中だと思っているんです。どっちもやってるから、「アメトーーク!」に出られたりしているんだけれど、これからだぞ!という思いがあります。

ー刺繍をはじめたきっかけは失恋だと過去のインタビューで話されていますが、そのときから刺繍と芸人でやっていくぞ、という思いがありましたか?

いえ、ぜんぜん。当時付き合っていた恋人が刺繍をやっていて、教わりたかったんですけど、その前にフラれてしまって。とにかく没頭できることが欲しかったんですよね。当時はバイトと月二回のお笑いライブのルーティーンをずっと続けていて、すごく息が詰まっていたから、何かやりたいなと思って。

ー刺繍が心の拠り所になっていくんですね。

刺繍しているときはかなり集中するし、良いきっかけにもなりました。僕はM−1グランプリ18浪人中で、芸人としてはまだ何者でもない。高円寺の居酒屋にたむろしているような夢を追う人です。でもそこに「刺繍をやっている」っていうのが乗っかると、少しだけ興味を持ってもらえるんですよ。インスタグラムが名刺になりました。刺繍とインスタ、やっててよかったな。

ー刺繍をするとき、上田さんはどんな感覚なんですか?

刺繍は塗り絵だと思ってます。色を塗る時って、線を重ねて面にしていくじゃないですか。それといっしょ。一本一本の糸を集めて、面を作る感覚なんです。最初に挑戦するときは難しいかなと思ったんですけど、塗り絵だ!って思ったら意外といけたんですよね。

ーなるほど。そういう感覚で捉えたことはなかったですね。

あとは立体的だったり、触り心地が独特だったりするのがいいですよね。見てくれる人にはよく「上田さんの刺繍は味があっていいですね」って言ってもらえます。僕はただ一生懸命やっているだけで、味のある表現にしよう、とかは考えてないんですけど(笑)。

ー上田さんならではの味が魅力になっているという。

このあいだ母親から電話があって、「あんたなんか最近上手くなってない?あかんやろ!」って叱られました。そのくらい、下手さが大事みたいですけど、365日毎日やってるんだから、そりゃちょっとは上手くなるやろ!って。

アルバイトをしてなんとかスニーカー買ったりしていた頃の延長戦をやってる

ーモチーフのチョイスは、カルチャー好きな男の子らしいですよね。

やっぱりファッションがベースにあって、自分が見てきたスニーカーとかカルチャーネタとかを「おもしろいんじゃないかな」っていうシンプルな発想で刺繍にしたり、紙粘土でつくったりしています。説明したり、インスタでハッシュタグをつけたりもしないんですけど、みんながわかってくれるのがうれしいですよね。「あ、これはカートコバーンだ!」とか、「マイケルジョーダンだ!」って、伝わるから、みんな賢いな〜って。イメージする力はすごいですよね。

ー思春期にハマったものをいまだ追いかけている感覚ですか?

まさに思春期を取り戻していく感覚ですね。アルバイトをしてなんとかスニーカー買ったりしていた頃の延長戦をやってるんですよ。今もそんなにお金はないんですけど。

ー突っ込んだ質問をさせていただくのですが、刺繍だけで生計を立てているんですか?

今は刺繍で生活できています。でも、かなりきついですよ。一つ一つ手でやっているから大量生産できないし、ベースになるキャップとかTシャツも、僕が自費で仕入れているし。なんとかやってますけど、アシスタントになってくれる人いないかな…。

ーアシスタント募集しましょう。この記事で。

あ、嬉しいです。もし希望の方いたら、インスタにメッセージください。

ーたとえば、AIが自動で刺繍をつくれるようになったらどうします?

すぐ頼みます。でもたぶん最初は叱るでしょうね。AIはめちゃめちゃきれいにやっちゃうと思うので、「おれっぽくないやん、ちゃんと下手にやれよ」って叱って、学んでもらいます。

ーあ、「上田さんっぽさ」をAIに学ばせていくんですね。

きれいにやったら僕らしくないんで。僕らしさを学んでいいかんじにやってくれたら、ラクできていいなあ。AIにも個性があっていいとおもんです。賢いやつ、上手なやつ、下手なやつ、サイコパスなやつ。よくわかんないですけど(笑)。AIが僕らしさを覚えてくれたら、あとはたばこ吸いながらのんびりしますね。

サボらず、ハマり続けよう

ーこれから刺繍の他にやりたいことはありますか?

もちろん芸人としてもっとテレビに出たいし、憧れていた人と仕事したいです。ヴィヴィアンウェストウッドとか、アンダーカバーのジョニオさんとかに会いたいですね。単純に自分が憧れてきた、一時代を築いてきた人たちに対するリスペクトがあります。

ーピュアな思いが変わらずにあるんですね。

バリバリありますよ。モテたいとか。

ーモテるんじゃないですか?

いや、ぜんぜん。展示に会いに来てくれる人はいますけど、それがモテにつながるわけじゃないし、まあモテたいっていうか、楽しくやっていきたいですよね。

ー今回の展示では、スニーカーをモチーフにした立体作品もありますが、マイベストスニーカーを3足選ぶとしたら、何にしますか?

スーパースター、エアジョーダン1、コンバースのオールスター…いや、ジャックパーセルかな。スーパースターとジャックパーセルは、昔からめちゃめちゃ履いていたので。ジョーダン1はとにかく憧れてました。憧れすぎて、ジョーダン1のシューレースの紫がかった青を再現したくて、自作したこともあります。

ーどうやったのでしょう?

白いシューレースをダイロンっていう染色材で紫に染めました。ユーズド感も出したかったから、染めたあとにハイターにちょっとつけてみたりして…。ソールもわざと黄ばませたくて、そもそもスニーカーのソールって、なんで黄ばむんやろ?って思って調べたら、「日光と洗剤の残りが反応して黄ばむ」ってことがわかったから、黄ばませるために洗剤を買ってきて、筆でぬって、ベランダに置いて…。

ーものすごい凝り性なんですね。

一度ハマると、とにかく没頭してしまうんですよね。でも、そうやって没頭してきたことがつながって、今こうして刺繍のポップアップをやらせてもらえている。これからもサボらず、ハマり続けようと思います。

 

Text_Taiyo Nagashima

No Comments
PROJECT

東京雪祭SNOWBANK PAY IT FORWARD×HERO’s FESTA2019

11月9〜10日の2日間、代々木公園において東京雪祭SNOWBANK PAY IT FORWARD×HEROs FESTA2019が開催された。

SNOWBANKは若者に献血・骨髄バンクを知って、行動してもらうキッカケの場を作ることを目的とし開催されるイベントです。フリークス ストアでは昨年に引き続き、本年もこの活動に協賛させていただいています。

なお、日本赤十字社と日本骨髄バンク協力のもと、2日間の献血併行骨髄ドナー登録会で受付申込み267名、献血実施数236名、骨髄ドナー登録数112名を獲得することが出来ました。

また、長谷部健渋谷区長や井上康生さん、HEROsパラアスリートたちなどによるトークセッション、スノーボード大会、音楽LIVE、ダンス、ワークショップなど様々なコンテンツが催されました。

 

No Comments
PEOPLE

Iris Lawがアーティストとして発信するメッセージ。

南青山にオープンしたFirsthandのオープニングイベントとして行われた、モデル/ナチュラルダイアーティストのIris Lawによるタイダイ染めのワークショップの様子をお伝えするとともに、彼女が取り組むプロジェクトに対しての思いを語ってもらった。

ーモデルとしての活動以外に、ナチュラルダイのプロジェクトを始めたキッカケはありますか?

ーOther than working as a model, what was the start for this natural dye project?

学校の課題で、世界のファッション業界が生み出す汚染についてエッセイを書き、その上でどのような具体的な解決策を生み出すことが出来るのかという取り組みを行いました。その汚染要素の一つに化学染料が大きく影響していると知り、そこから天然染料について調べ実際に取り組み始めました。ドキュメンタリーや本で自分なりのプロセスを探って試していくうちに、ただただこのナチュラルダイの工程にハマってしまいました。自分の作り出す色も、このプロジェクトで発信出来るメッセージも、私はとても気に入っています。

I wrote essays at school about the pollution that the fashion world creates and then tried to portray viable solutions for each aspect. One of the main elements was the chemical dyes and that led me to research and try out the natural dyes. I fell in love with the process because I figured out my own process and took inspiration from lots of books and documentaries. I love the colours I can make and the message it sends.

ーなぜALMのテツ氏とのコラボレーションをするに至ったのでしょうか?

ーWhy did you want to collaborate with Tetsu?

小さい時から彼の作品が大好きで、いつも父から借りるALMのフーディーがあったんです。当時は彼のリサイクルカシミヤを使用して環境に配慮したプロジェクトを行っている事を全く理解していなかったのですが、大人になり、同じコンセプトについて取り組みを行い始めて改めてALMの偉大さに気付き、彼とのコラボレーションを実現させたいと思いました。

Since I was very young I loved his work and had a hoodie which I always borrowed from my dad by him. I never understood the concept that he used recycled cashmere and was helping the environment with his message until I was older and was also interested in the same message.

ーFirsthandの取り組みや、展開されているアイテムについてどう思いますか?

ーWhat is your thought for the items that’s carried at Firsthand?

エレガントかつ洗練されたカラフルな色使いや、遊び心のある展開がすごく好きです。また、例えば、リサイクル素材のアイテムがあったり、エシカルな生産背景で作られたアイテムがあるなど、サスティナブルというコンセプトを基に様々な意味が混在している所も本当に素敵だと思います。

I love the range of playful and colourful with refined and elegant. I also love the mixture of means to make the items sustainable for example there’s recycled materials as well as ethically made materials.

No Comments
PROJECT

アーティストHAROSHIが日本初上陸のPANGAIAとコラボレーションした理由。

スケートデッキの廃材を使用し、彫刻作品を作るアーティストのHAROSHI氏をご存知だろうか? 青山に新しくオープンしたショップ、「Firsthand」にて、日本初上陸のブランドPANGAIAと彼のアートがコラボレーションしたアイテムが限定で発売された。「アパレルとこのようにコラボレーションをするのは今回が始めてでした」と話すHAROSHI氏。彼はいままでどのように活動し、今回なぜPANGAIAとタッグを組んだのか、話を聞いてみた。

友達のようにとても距離感が近いひとたちだったので、一緒になにか作れたらいいなと。

まず、今回パンガイアとコラボレーションしたきっかけを教えてください。

オーナーでもあるジャスミンが、もともと僕の作品を買ってくれていたんです。それでパンガイアを知ることになりました。彼女たちが作る服は、リサイクルやトレーサビリティなど、環境に配慮したものを作っていて。僕も、スケートボードの廃材を使って、もの作りをしているので、自身のものづくり精神と近いものがあるなと感じていました。それで今回、「HAROSHIの作品をTシャツにプリントしたい!」とコラボレーションの話しをもらったんです。これまでアパレルとなにかをすることはしてきてなかったんですが、考え方も似ているし、ジャスミンはもちろん、パンガイアに携わっているひとたちは、友達のようにとても距離感が近いひとたちだったので、一緒になにか作れたらいいなと思ったんですよね。

ーHAROSHIさんはどうしてスケートボードの廃材を使って、ものづくりをはじめたんですか?

昔、彫金の仕事をしていました。100個、200個と全て同じものを作らなくてはならない量産の世界で、少しでも違いがあると検品で落とされてしまったりするんです。もちろん、商品だから仕方ないんですが、それぞれが違うからこそのかっこよさもあるのにな、と常に疑問を感じていたんですよね。なので、いっそのこと自分でなにかを作ってしまおうと思って、木目で同じものはひとつもできない、木を素材にしたアクセサリーを作り始めました。けど、いい木って値段が結構高くて、なかなか買えず(笑)。そしたら奥さんに「そこにたくさん置いてある板(スケートボードの板)でやってみれば?」と言われたのが最初のきっかけです。

ー最初はアクセサリーを作っていたんですね。

そうなんです。けど、アクセサリー販売だけで生活できるほど、売れていなくて。で、「売るためにどうしようかな?」と考えたときに、展示するときの看板やポップ、アクセサリーを陳列する台も木で作って、一緒に置き始めたんです。そうしたらお客さんから、そっちの方が好評を得るようになって(笑)。いろいろ作っては一緒に展示していくうちに、「これで個展をしませんか?」ってお話が来たんです。で、展示をしていくうちに、一人のアーティストとして認識されるようになりました。

自分のアートがどこの場所でハマっていくのかを知ることが大事。

ー現在では、日本も含めニューヨークでも活動されていますよね。

日本で活動をしていくなかで、「アートとして、もっと評価を受けるにはどうしたらいいのかな」と考え始めたんです。こういったスケートボードから派生したストリートのカルチャーは、全部アメリカから来ていて、自分はそこに影響を受け続けてきたので、やっぱり本場で認められたいなとずっと思っていたんです。で、いろいろと自分に合いそうな海外のギャラリーを探していたときに、ニューヨークの『Jonathan Levine Gallery』を見つけて。当時、ロウブロウやストリートアート界ではとても有名なギャラリーで、そこから「Jonathan Levineで展示したい!」とそこかしこでずっと言い続けていました。そしたら作品を買ってくれた人で、「ギャラリーのオーナーと知り合いだから、作品を見せておくよ」という方に出会って。そしたら、オーナーがとても気にいってくれて、「ぜひ個展をお願いしたい」と連絡がきたんです。そして、2011年に個展をさせてもらいました。その展示の評判がすごく良くて、ギャラリーに所属するようになってから、Jonathan Levine Galleryを起点に活動していくようになりました。

ー海外での活動と、日本での活動の違いってありますか?

ニューヨークは全人種がいるということですかね。当時はいまみたいにInstagramのようなものもなかったし、とにかく現場に行って、いろんな人に見てもらって、印象に残らないとなっていう意識がありました。日本だとどうしても日本人が多いので、それ以上に広がりにくいところはあるかもしれないです。けど、アートってその土地の受け手によって、全く反応が違うので、自分のアートがどこの場所でハマっていくのかを知ることは大事だなと思っています。

ー今回のコラボレーションを通して今後チャレンジしていきたいことはありますか?

今回はじめて、アパレルとコラボレーションをしたのですが、Tシャツなどで気軽にアートを取り入れられることができるのは、やっぱりいいなと思いました。これからも、自分にとって関係性の濃いチームと一緒に、新たな何かを生み出していけたらいいなと思います。

 

Text_Fumika Ogura

 

No Comments
PROJECT

サスティナブルなコンセプトストア「Firsthand」がオープン。

2019年10月13日(日)、サスティナビリティを意識した新たなコンセプトストア「Firsthand/ファーストハンド」が南青山にオープン。ローンチパーティが11日に開催された。

また13日、14日にはオープニングイベントとして、モデル/ナチュラルダイアーティストのIris Lawによるタイダイ染めのワークショップや、家屋解体時の廃ガラスに生花市場や山々で採取した草花を掛け合わせたプロダクトを制作する「HACOMIDORI」のセミオーダーイベントなどが行われた。

 

Firsthand / ファーストハンド

Fashion – Sustainable – Art をテーマに、デザイン性やクォリティー、モノ作りといったクリエイティブを重視したサスティナブルなコンセプトストア。ここでしか出会えないブランドやアイテム、ここでしかできない実体験、新しくスタイリッシュなカルチャーとファッションをここから発信していく。
ファーストハンドディレクター福留聖樹のもと、「A LOVE MOVEMENT」デザイナー兼アーティストの大久保鉄三氏とファッションキュレーターの小木“POGGY”基史氏をプロジェクトアドバイザーに迎え、コンセプトに共鳴するブランドやアーティストが集い、買い物をする方々がサスティナブルの1歩を踏み出せるSHOPを目指す。


 

No Comments
PROJECT

DAY TRIPPER 2019 -The Innovative-

FREAK’S STORE創業者である鹿島研は、時代は変われど、今も相変わらずアメリカを車で旅することをライフワークにしている。「DAY TRIPPER」と題したその旅では、自身の原点に立ち返り、その場所の空気感や匂いを感じるものに触れている。そしてその旅で出会った、現地でしか手に入らないものをスーベニアとして、エキシビジョンにて販売している。

 第6回目となるエキシヴィジョンでは、「The Innovative」をテーマに展開。7月4日アメリカ独立記念日にワシントンD.Cへ行く、ということだけを決め、あとは気の赴くままに街から街へと訪ねた。そこでこの度、旅を記録した写真集「DAY TRIPPER 2019 PHOTO EXHIBITION & POPUP SHOP」のオープニングレセプションにて、「アメリカの旅」をテーマに、鹿島研、写真家の谷口京氏、そしてトラベルカルチャー誌TRANSIT編集長である林紗代香氏が司会をつとめたトークショーが開催された。

「Made in U.S.A catalog」を見て欲しいなと思ったんですけど、実際にアメリカに行ったらそんな格好をしている人たちはいなかった」(鹿島)

林紗代香 「DAY  TRIPPER 2019」の写真集を、TRANSIT編集部の方で編集をさせて頂き、鹿島社長と、谷口さんと一緒に制作をすることができました。アメリカの旅でTRANSITとして思い描いたのが、写真家として谷口さんでしたので、今回トークショーにお招きをいたしました。お2人にアメリカの旅をお聞きできたらと思いますが、初めて訪れようと思ったきっかけや、どれくらいの期間行かれたんでしょうか?

鹿島研 私が初めてアメリカの旅をしたのは、19歳のときになります。私は1961年生まれなんですが、まさに「平凡パンチ」やアイビーが流行っていた時代で、その「平凡パンチ」が「POPEYE」に変わっていくんですけど、その間に「Made in U.S.A catalog」というのが、1975年に発刊されまして。そこで初めて見たアメリカの文化にもの凄くショックを受け、いつかアメリカという地に、自ら行ってみたいなと思い19歳のときにロサンゼルスからサンフランシスコまで、約10日間かけて車を借りて旅をしました。そのときに得たインスピレーションが、FREAK’S STOREの創業に繋がり、またその歩みが今に繋がるといった感じですね。

 そのときは1人で行かれているんですか。

鹿島 そうです。1人で行って、でも商売をしていたわけではないので、基本的には友達に向けたお土産をそのときはみつけていました。当時、日本の歯磨きというのはチューブだったんですけど、アメリカに行ったら歯磨き粉が立っていたんですよ。パッケージが三色で、なんだと思って買って押してみたら、赤白青って三色が出て来て。こりゃすごいなと思って10個くらい買って、お土産に渡したらそれがうけて。当時200円くらいで買ったものを、「これいくらくらいなら買う?」と聞いたら、「800円くらいなら買うかも」と。それで、これをアメリカで買って、日本で売ったら商売になるのかなと思ったんです。

 買い付けに行こうだとか、何かを見ようだとか、具体的な目的があったときはどんな感じだったんですか?

鹿島 501と、RED WINGのブーツと、Eddie Bauerをどこかで買おう、みたいな。最初は自分用でしたけど、そんな感じでしたね。

 どこで買おうとか、目処をつけていたんですか。

鹿島 それが、売っている店がないんですよ。「Made in U.S.A catalog」を見て欲しいなと思ったんですけど、実際にアメリカに行ったらそんな格好をしている人たちはいなくて(笑)。その頃は、デニムをロールアップして、ウエスタンブーツを履いて、ワゴン車に乗って大陸を旅するみたいなイメージがあったんですけど、そしたら「お前、テキサスから来たの?」とか言われまして。カリフォルニアでは、そんな格好をしている人が誰もいなかった。結局、行くのは作業屋ですね。そうすると、Eddie BauerやL.L. Beanなどのジャケットがあったり、ウエスタンブーツはTimberlandの奥に置いてあったりして。「服屋に売っているわけじゃないんだ」と驚きましたね。

 それが40年前のことなんですね。谷口さんは、どんなアメリカの旅をなさってきたのですか?

谷口京 大学3年のときにアメリカに行きました。当時は、芸術学部の写真科に通っていたんですけど、パスポートをとって、お金を貯めてですね。最初にロサンゼルスに飛んで、当時、空港の近くにロケットレンタカーというのがありまして、そこで一番安い車を借りて旅をしました。

「真っ直ぐな地平線とハイウェイを観たときに、「ああ、来た」と思いましたね」(谷口)

 2人とも1人で行かれたんですか?

谷口 僕は1人で旅をしました。日本にいたときに、アメリカの地図を見ていたんですけど、「死の谷(デスバレー)」とあって、一体どんなところなんだろうって。僕は田園都市線上で育って、一戸建てに並木道がある、ある種、画一化されたイメージのところに住んでいたので、幼いときから「世の中はこれだけじゃない」とずっと思っていたんです。それでテレビで、「野生の王国」や「シルクロード」などを見て、海外へいつか行ってみたいなと思っていたんですね。それで、アメリカに行きまして、ロサンゼルスから車で走り始めて、ラスベガスへ向かう途中で一気に砂漠が広がるんですよ。そのときの真っ直ぐな地平線とハイウェイを観たときに、「ああ、来た」と思いましたね。それで、死の谷へ行きました。

 鹿島社長は、「DAY  TRIPPER」と題して旅を始めたわけですけど、始めようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

鹿島 もともと自分でアメリカに行って、自分が「これ格好いいな」と思ったものを仕入れて、それをお店に持っていって陳列をして、お客さんに熱く語って買ってもらうということをしていたんですけど、もう一度自分で見に行って、自分で欲しいと思うものを探してみようと思ったんです。それでシアトルから、ロサンゼルスまでを2週間旅をしまして。グロッサリーに寄ったり、陶器を作っている工場に寄ったり、ポートランドにはキャンバスの生地を使ったバッグを作っているところがあったり、街のステッカーとかを集めたりして。そうやって集めた、日本ではありそうで売ってないものの物産展をやろうと思ったんです。アメリカへ行き出して2~3回目くらいから、まとめて買って頂くという現象が起き始めまして。好きな人には、同じチューニングで通じるものなんだということを感じましたね。

 今年の夏は東海岸を中心に、アメリカの建国をテーマに旅をされたようですが。なぜ、そのようなテーマで旅をしてみようと思ったのですか。

鹿島 アメリカという国が作ってきたカルチャーに人生の大半を費やしてきたんですけど、この偉大な国はどういう風に作られたのかと考えたら、非常に血なまぐさい戦いの歴史があり、またそこにある自由や権利とはなんなんだろうと。その歴史を感じる地に立ってみたいということで、独立宣言のあったワシントンDCへ行きました。同じ場所に立って、同じ風を感じたいという目的が「DAY TRIPPER」にはあるんです。ちなみに、今まで一番鳥肌が立って、涙が出たのはウッドストック。あのステージがあった場所に立って、風を浴びた瞬間、「ここであの朝、観客が寝ている中でジミヘンがあれを弾いたんだ」と思ったら鳥肌が立って、涙が止まらなくなくなりましたね。感動しました。

 2019年の旅で、印象に残っていることはありますか?

鹿島 独立記念日をホワイトハウスで迎えようと思ったんですが、途中から、アンディ・ウォーホルがピッツバーグで眠っているということを聞いて、このままピッツバーグまで足を伸ばしてウォーホルのお墓に星条旗をたてたいと思ったんです。独立記念日には、アメリカの国旗をたてる習慣があるんですね。それでウォーホルのお墓に行ったんですけど、本当にさまざまな建築家や芸能人とともに写真に収まっている人が、ピッツバーグの街を外れた普通のお墓に眠っていたんです。そこに世界中から人々が訪れて、キャンベルの缶を置いたりしていて。墓地の隣にはウォーホル・ミュージアムがあって、お母さんが絵を教えている写真や、小学校のとき描いたラクガキや、大学に入ったときに描いた絵などが展示してありまして。やはり小さなときから天才的なのがわかる。ウォーホルが好きなのであれば、是非ピッツバーグにあるミュージアムを訪ねてもらいたいですね。

 鹿島社長はルートをあまり決めないで、行きたいと思ったところへ行かれていますが、谷口さんはどのようなスタイルで旅をされていますか?

谷口 自分も決めないですね。もちろん、どこどこで何をみたいとか大まかなことはありますけど、行き当たりばったりなことが多いです。それとアメリカはハイウェイではなく、横の小さな道を辿るようにしているんです。日本でも国道よりも、旧街道を行くほうが好きだったりするので。

No Comments
PEOPLE

Ocean’s Love – アンジェラ・磨紀・バーノン

モデル、プロサーファー、そしてヨガのインストラクターとして活躍をするアンジェラ・磨紀・バーノンさん。現在はハワイを拠点に日本との間を行き来し、さまざまな活動を繰り広げている。そのアンジェラさんが、15年前に3人の仲間とともにスタートしたのが、日本全国の知的障がい児/発達障がい児が参加できるサーフィンスクール「Ocean’s Love」。サーフィンを通じて、「海の素晴らしさ・海の愛・海からのエネルギー」を子供たちに感じてもらい、そして「子供たちが持つ、無限の可能性を見出していこう」という内容のもの。9月21日(土)に、神奈川県茅ヶ崎ヘッドランドビーチにて開催される「Ocean’s Love」では、デイトナ・インターナショナルも全面サポートすることが決定。そこで「Ocean’s Love」を主催する、アンジェラさんに話を聞いてみた。

海が持つ大きな愛、包み込んでくれるような愛…ヒーリングのエネルギーは誰にも平等にあるもの

—「Ocean’s Love」を始めようと思った経緯を教えてください。

私の兄が障がいを持っているんですけど、兄と一緒にこの世の中で暮らしていく中で、障がい者に対しての理解力やサポートのなさを感じていて、そこに幼いながらも悲しい思いをしていたんです。それで自分が大人になって、もっと障がい者に対してサポートしたり、理解ができたら、私の兄もそうですし、皆が住みやすい世の中になるのではないかなと思っていて。私がハワイに移住したときに感じたことが、ハワイでは障がいを持っていたとしても、健常者と同じような機会やチャンスや権利があるということだったんです。人々も「障がい者だ」という態度ではなく、隔てのないごく普通の世界がそこにあって。

その頃、私はプロサーファーになっていて、カリフォルニアを拠点に活動をしている「Surfer’s Healing」という自閉症の子に対するサーフィンスクールが、ハワイにきたときにボランティアとして参加をしたんです。自閉症の子供たちなので、その環境に慣れるのに時間がかかる。だけどボードに乗って波に乗ると、本当に別人のような笑顔を見せてくれて、私もそれを見て「ワオ~ッ!」となったんです。私がいつも感じている海からのエネルギーやパワーを、子供たちは私よりももっとストレートに感じるんだということを知って、私がプロサーファーとしてやるべきことはこれなんだと。海が持つ大きな愛、包み込んでくれるような愛……ヒーリングのエネルギーは誰にも平等にあるものなんだと。

― 海にはどんなエネルギーがあると思いますか。

私は18歳のときにハワイに1人で移住したんですけど、誰も知り合いがいなかった中で、そのときに私のホームシックの心を癒してくれたのが海だったんですね、なので、常に腕を広げて待ってくれている大きな愛、というのが私にとっての海で。そこに行けばいつもいてくれて、私が元気がなければ、元気にさせてくれて。そのときの波のコンデションによってはチャレンジなときもある。それと海の中でサーフィンをしていく中で、私は人生の大事なことを学んでいるんです。まさに「Mother Nature」。私にとって海がそういう存在です。

―海から教わったことはなんですか?

やっぱり流れに逆らわずに乗っていった方がいいということ。海にはカレントがあって、そのカレントに乗っていくと海にヒュッと出られる。でもカレントに乗らずに、それを知らずに逆にどれだけ頑張っても沖へ進めないときがあって。自分の人生の中には、こういったウェーブがあって、そのウェーブに乗り身を委ねるということがとても大事で。それに逆らって力を入れても、逆にうまくいかないということが学んだことのひとつですね。

Surrender=身を委ねる」ことだったり、Connect=繋がる」ことの大切さ

―逆らってしまったときは、前に進めないということですね。

そうです。だから「Surrender=身を委ねる」ことだったり、「Connect=繋がる」ことの大切さ。海と繋がり、ひとつになることによって、波を上手に乗りこなせることができる。でも私が海と繋がることができなかったら、すごく波はいいのに、調子が悪かったりするんですよ。あとは感謝の気持ちですね。海に対してもそうですし、一緒に海に入っている仲間たちや、ポイントの人たちに対して。自分が感謝の気持ちを持ってそこに行けば、暖かく迎えいれてくれる。でも感謝の気持ちがないと、やはり相手も私を受け入れてくれなかったりします。

―これまでに開催をしてきた「Ocean’s Love」で、何かエピソードはありますか? 

この間、伊良湖で開催をしたんですけど、伊良湖は開催をして来年で10周年になるんです。以前に参加した子供たちもどんどん大きくなっていて。私たちがやっているプログラムのひとつに、お仕事体験という「Ocean’s Love」に参加した子供たちが、社会へ出る前に学べる機会を作っているんです。それと同時に、ボランティアの人たちも、どんなことをするのかを知るために、お互いが学び合えるような時間になっているんですね。今回、小学生のときに初めてOcean’s Loveに参加してくれた男の子が、お仕事体験としてバーベキューを担当してくれました。まだ小さくて無邪気で常に笑顔だった姿を私は見ているんですけど、16歳になったのかな。「こんなに大きくなったんだ」と話をしていて、彼も一生懸命バーベキューを作ってくれて、そのお仕事体験が終わった後に、迎えにきたお母さんが「この子のこんな笑顔を久しぶりに見ました」と言ったんです。昔は本当にいつも笑顔だったのに、成長していく中でどんどん笑顔がなくなっていたそうで、それをお母さんは心配していたので「笑顔を見ることができてよかった」と言っていて。そのときに、子供たちが成長していっても笑顔でいられる環境を作ってあげることが「Ocean’s Love」のひとつの使命なのかなと思いました。

―参加しているボランティアの人たちは、どのような勉強を事前にするのですか?

「Ocean’s Love」は、私とプロボディボーダーの薫(鈴木薫)さんと、私たちが所属する「Local Motion」というサーフブランドの担当者であった阿比留さんの3人で始めたんですけど、子供たちの笑顔を見たい、海を感じてサーフィンをしてもらいたいというシンプルなところから始まったので、最初は3人ともまったく多くのボランティアさんに参加してもらうことを想定していなかったんです。でもどんどん進んでいくうちにボランティアさんが必要になってきて、それでボランティアさんも参加できるシステムにしたんです。ボランティアさんからいただく話が、子供たちに元気をあげようと思っていたら、逆に子供たちから元気をもらったということが多いですね。サーフィンスクールのシーズンが始まる前にはボランティアさん向けの勉強会を行っていて、自閉症とはどういうものなのか、あとは障がいを持っていることは、どういう風に接するべきなのかとかということを学んでもらっています。フィロソフィーカードというものがあるんですけど、やはり人間だから、毎日パーフェクトに過ごすことはできない。だからこそ、そのフィロソフィーカードにあることをリマインドしていくことが大切というか。あとは、私自身も参加して、子供達の笑顔で私のラブタンクがいっぱいになっていくことがとても嬉しいです。

お互いの経験をシェアできることが、大切な時間

―ハワイでも活動をされているようですが、どのようなプログラムを行っているのですか?

ハワイを感じてもらえるよう2つのプログラムがありまして、ひとつは、日本で「Ocean’s Love」に参加した人たちの次のステップアップとして、ハワイでサーフィンを行うという。障がいのあるお子さんは誰でも参加できるようになっています。もうひとつは、今ハワイではホームレスの問題が大きいのですが、ホームレスのシェルターにいる障がいのある子どもたちにサーフレッスンをするという。その2つのプログラムがあります。だけどハワイは私1人なので、進むペースがすごく遅いんです。

―「Ocean’s Love」で、今後やってみたいことや、活動で広げていきたいことはありますか?

今でも、全国の海が障がい者フレンドリーになることが夢なので、できる限り「開催地を広げていくことは目標ですね。それが私の日本の「Ocean’s Love」に対してのこれからの思いで。ハワイの方の目標は、何年も先になると思いますが「Ocean’s Love」のホームを持ちたくて。そこは日本からくる障がい児のご家族がステイできたたり、ローカルや世界中から障がい児を持った家族もくることができて、コミュニケーションをとれる場所になればいいなと。「Ocean’s Love」もそうですし、私も大切にしていることが、”Connect=繋がる”ということなので、やはり親御さんたちが繋がりあえて、そこでお互いの経験をシェアできることが、大切な時間だと思うんです。

― 最後に、アンジェラさんにとって幸せとはなんですか。

私にとって、幸せとは。私がこの世を去っていくときに、私が生まれたときよりも、私がこの世を去るときの方が、少しでも愛が増えているということを、知れて、感じられて去ることができたら……幸せかなと思います。


Ocean’s Love
サーフィンスクール

|日程|

9月21日(土)

|開催場所|

茅ヶ崎市 ヘッドランドビーチ

|オフィシャルページ|

http://oceanslove.com/

Text_Kana Yoshioka

No Comments
PROJECT

FREAK LAUNCH EVENT @フリークス ストア長野店

2019年8月5日(月)より、様々なフリーク(熱狂的)をテーマに、ローカルの魅力と豊かさを紹介するマガジン「FREAK」を全国のフリークス ストアにて配布開始致します。発刊に先駆けて8月2日(金)にフリークス ストア長野店にてローンチイベントが開催されました。

いま長野ローカルで話題なカルチャースポットを独自の目線で紹介。長野の酒蔵とコラボレーションしたフリークス ストア限定の日本酒や話題の古民家ダイナーのフードが堪能できる他、(株)Huuuu代表取締役・徳谷柿次郎氏を招いたトークショーなど「FREAK」なコンテンツが用意され、会場は熱気に包まれました。

当日集まった「FREAK」な人たちが先行で購入できた限定のTシャツやソックス、ステッカーなどのオリジナルグッズも好評を博した。メインロゴを表現したグッズは普段使いも可能なデザインとなっている。

今後不定期に様々なローカルカルチャーにスポットを当て、デイトナ・インターナショナルの企画力やユニークなキュレーションで、地域特性を活かしたマガジンを発刊していく予定。


特集した様々なフリークたち

今回の創刊号で特集した長野ではたくさんのフリークたちに出会った。

現地に直接行くことでしか出会えない人々、感じることのできない空気がそこには確かにあった。今まで知ることのできなかった長野の新しい魅力やリアルな声を聞き、またさらに深掘りしたくなった。次はいったいどんなフリークたちに出会うことができるのか非常に楽しみである。

High-Five COFFEE STAND
GOFUKU
marsmoo
BOOKS&CAFE NABO
やってこ!シンカイ

FREAK LAUNCH EVENT
開催日時:8月2日(金) 18:00 ~20:30
開催場所:FREAK’S STORE 長野店
LIVE:FNCY(ZEN-LA-ROCK、G.RINA、鎮座DOPENESS)
トークショー:(株)Huuuu代表取締役・徳谷柿次郎
協力企業:モリダイラ楽器、59譲、(株)Huuuu

No Comments
PEOPLE

DAYTONA SURF CAMP 2019

デイトナ・インターナショナルの数ある恒例行事のひとつ、サーフキャンプが今年も開催された。脈々と受け継がれる社内のカルチャーを実際に体験し、自ら価値を知ることに大きな意味を持っている。

社外からもHAIR ​CALIFORNIAさまによる青空ヘアカットや、Brand ​new ​dayさまによるベンガラ染めT-shのワークショップなど「CONNECT ​WITH ​CUSTOMERS -よく遊び、よく仕事をする-」をテーマに掲げている今期を象徴するようなイベントとなった。

No Comments
freak