Archives

PROJECT

イマドキ女子が体験!衣食住をまるごと提案するホテル「EARTHMANS」

デイトナ・インターナショナルが運営する「EARTHMANS」。道頓堀とアメ村という大阪の中心に位置し、衣食住をまるごと提案するホテルだ。今回は3人の女の子が実際に宿泊。ストリートカルチャーをこよなく愛するイマドキ女子は、この場所でどう過ごす?

EARTHMANS DOTOMBORIの外には、ひと息つくのにちょうどいいスペースが設けられている。

EARTHMANS DOTOMBORI

街のノイズを打ち消す、静かで落ち着いた空間。

ディープな繁華街を歩くと突如現れる、都会的なファサードが印象的な「EARTHMANS DOTOMBORI」。街の喧騒を忘れさせてくれる落ち着いた客室が14部屋あり、どれも古き良きアメリカを思わせる空間に。1階には宿泊客以外も利用できるカフェが併設され、ボリュームたっぷりのハンバーガーや絶品のコーヒーを提供している。大阪観光の拠点は、この場所で。

カフェでは、屋台で販売していた人気ハンバーガーショップ「オリベイラズ」が出店。15時から翌3時まで(日曜日は21時まで)、ラウンジでくつろぎながらハンバーガーやホットドッグを味わえる。

客室は無垢材を基調としたシンプルな空間で、照明の明るさを抑えて幻想的な雰囲気を演出。

ロゴをプリントしたオリジナルのTシャツに加え、歯ブラシやマグカップといった、ここでしか手に入らないグッズも展開している。FREAK’S STORE ONLINE SHOPでも販売中!

ALL ITEM

EARTHMANS AMEMURA

さまざまな顔を持つラウンジスペースで新しい旅を。

大阪のファッションシーンをリードし続けるアメ村に、2018年にオープンした「EARTHMANS」の2号店。世界を旅する探検者のためにデザインされたロフトルーム、ヴィンテージのインテリアを配置したコンテンポラリーなツインルームをはじめ、全20室は快適な住空間を演出するとともに、訪れた者の感性を刺激する。ここの最大の特徴は、地下1階に設けられたオープンラウンジ。宿泊者同士が旅談義に花を咲かせるコミュニティの場として利用されるほか、シアタールームやコワーキングスペースとしても使うことが可能。あらゆる機能を持つ同スペースが、ゲストの旅をより快適に、色濃くしてくれるのだ。

地下1階のこの場所で、旅人たちのコミュニケーションが生まれる。

EARTHMANS AMEMURAのエントランス。下に見えるVACANCYのネオンなど、随所にアメリカの要素が散りばめられている。

忙しい旅人も、この空間でPCと向き合えば仕事も捗る。

EARTHMANS を体験してみて、どうだった?


  • 俵山 南さん

    ホテルを出ればすぐに繁華街なのが魅力。買い物したり食事をしたりとアクティブな旅を楽しむのにぴったり。


  • 石倉 史子さん

    とにかくお部屋のムードがステキでビックリしました。温もりのある空間が、旅で疲れた身体を癒してくれます。


  • 月橋 帆穂さん

    オシャレな旅を楽しむ人ばかりが集まっているのが印象的。だから、とっておきの有力情報も手に入ります!

EARTHMANS OFFICIAL WEB SITE

No Comments
PEOPLE

アートに愛される街「大阪」

大阪はコンパクトな街だ。2大商業地である梅田を中心とした「キタ」エリアと難波を中心に広がる「ミナミ」エリアの距離は約5㎞と近く、回遊性の高さは人と人の接点を生み、多様な文化が交わることでアートも独自に進化してきた。他のどの街とも違い、どこまでも挑戦的で、独創的で、濃い〜大阪アート。自分自身が面白いと思う表現を求め、ジャンルやスタイルの枠を越え横断的に活動する、大阪が生んだ稀代のアーティストたちをご紹介!

彫紅
アメリカから来たヲタトゥー伝道師。

ヲタトゥーの第一人者、彫紅さん。日本のアニメや漫画好きが高じて、2008年頃からヲタトゥーを彫り始めたという。「当時、日本のオタクの人たちには刺青を入れる文化がなかったんだけど、外国にはアニメが好き過ぎて、自分の体にアニメのキャラを彫っちゃう人がいたんです。でもアニメ専門の彫師がいなくてね。ネットで流れてくるヲタトゥーはめちゃ下手くそだった。それを見て、オタクが馬鹿にされてると思って。なぜ誰もうまく彫らないのかと。ちょっとだけ頑張ったらキレイに彫れるはずなのにね。なら自分が頑張ってみようと思って」。地道な活動が花開き、ヲタトゥーは今や世界中に広がった。現在は、ストリートとオタクカルチャーを融合させたブランド「Invasion Club」も始動させるなど、オタクとノンオタクの垣根を壊し続けている。

PROFILE
1978年生まれ、アメリカ出身。ミネソタ大学日本語学科卒業。2004年、彫渉氏に弟子入りし、2007年に彫師デビュー。2014年に独立する。大阪・日本橋でアパレルブランド「INVASION CLUB」も運営する。
Instagram:@horibenny

BAKIBAKI
“BAKI柄”で世界を股にかける画家。

ミニマルな直線で描かれる「BAKI柄」をシグネチャーに、多様な表現を試みるBAKIBAKIさん。東京での活動を経て大阪に「十三光スタジオ」を構えたのは2015年のことだった。「この場所は元々、祖父がやってた鉄工所の跡地なんです。東京を離れたのはここがあったのも理由のひとつ。先代が残した建物を上手く使えたらって思ってたんですよ」。スタートにあたって、まずは巨大な壁を作った。それをキャンバスに自身の練習はもちろん、現在は若手アーティストを呼び、一緒に描くことで交流の場にしている。そんなBAKIBAKIさんだが、大阪に戻ったのにはもうひとつ大きな理由があった。大阪万博だ。「吹田出身で子供の頃から万博公園に立つ太陽の塔を見て育ちました。その時に貰った影響で自分はここまで来た。だから2025年に大阪万博に向けて、次の世代に新しい未来を残したい。その使命感は強いですね」

PROFILE
画家。大阪府吹田市出身。1978年生まれ。京都芸大在学中にライブペインティングデュオ『DOPPEL』を結成。2007年よりソロ活動をスタートし、2015年拠点を大阪に移す。国内外で精力的に活躍中。
Instagram:@bakibaking

KEIGO INAMOTO
ブレイク前夜のコラージュアーティスト。

Keigoさんがコラージュを始めたのは20歳の頃、福岡のクリエイティブレーベル「OILWORKS」の作品を目にしたことがきっかけだった。「和歌山で開催されていた個展でPopy Oilさんの作品を見て衝撃が走り、家に帰ってすぐコラージュを作りだしました」。新聞のチラシをキッチン用のハサミで切ったことから始まった創作は、以降独自の進化を遂げ、2年後、世界的に著名なコラージュアカウントにピックアップされる。それが女性の顔を加工した作品だった。「実は中学時代に女子からいじめに遭い、女性が苦手になり、当時はそのフラストレーションで作品を作ってたんです」と過去を振り返る。創り続けるうちに、女性不信は消え、現在はより複雑で抽象的な世界を表現する作風へとシフトした。「これからは自分の本能的な部分を具体的に表現したい」。有名ファッションブランドともコラボレーションするKeigoさんの作品が街にあふれる日は近い。

PROFILE
大阪府和泉市出身。1994年生まれ。ヒップホップカルチャーをベースに、コラージュアートを始め、ヒューマンビートボックスで「りんご音楽祭」に出演したり、映像制作も手がけたりとマルチな才能を持つ25歳。
Instagram:@keigo_im

透明回線
トリオで魅せるライブペイント×映像の世界。

近年はMVやアニメーション制作のほか、「SWATCH 渋谷店」の内外装のデザインを手がけるなど、東京にも活動の場を広げている透明回線。アナログとデジタルを融合させ、空間そのものをひとつの作品として提示するスタイルは、カラフルで生命力に満ち、今回紹介したアーティストの中で、ある意味もっとも“大阪的”と言えるかもしれない。ライブペインティングで必要な速筆と、絵画作品としてのクオリティを両立させつつ、映像や照明で演出も行う。3人からリアルタイムで生まれる密度の高い世界を是非、ライブで体験してみてほしい。

PROFILE
2012年大阪芸術大学で結成。メンバーはうきち(ペイント・デザイン)、SHUN(ペイント・イラスト)、としお(映像・音響)の3名。ライブペイントとプロジェクションマッピングを組み合わせたパフォーマンスで、各所から高い評価を受ける。
Instagram:@towmeiline

チョッパー
DIY精神を持つスケーターアーティスト。

スケーターは、普通とは違った角度から世界を見ている。壁や縁石、階段の新しい使い方を編み出し、何でもないスペースだって遊び場に変えられる。その発想を生むのはきっと“楽しみは自分たちで作る”というスケーター独特の哲学。そんなDIY精神を体現するスケーターがアメ村にもいる。スケートチーム「OSAKA DAGGERS」のリーダー、チョッパーさんだ。スケート技術もさることながら、自身のショップ「WHATEVER」で販売するオリジナルのTシャツやギアは、そのクオリティの高さに圧倒される。どのアイテムにも、決まってパンクなメッセージが描かれているのも特徴的。真の想像、創造、調和がそこにはある。

PROFILE
1973年生まれ。大阪府出身。日本で唯一の国際プロスケートボーダー。パンクとスケートボードをバックボーンとしたインディーズブランド「WHATEVER」も運営する。

No Comments
PEOPLE

渋井不動産を辿って見つけた”シブい”店。

レストランもショップも群雄割拠の大阪には、実力派が乱立する。初めて来阪したところで「どこに行けばいいの?」と迷ってしまうのも当然。そこで創業わずか5年で約100店舗の仲介を手掛けた「渋井不動産」の門を叩いてみた。社員は平均年齢30歳前後。そんな若きスタッフたちを束ねる同社の専務取締役・KINPONさんに、大阪の“シブ〜い物件”についてお聞きした。

ここで紹介する物件は、どこもロケーションはもちろん、店主の顔が透けて見えるオンリーワンな場所ばかりです。美味しい食事とお酒、心地よい音楽、古き良き建築物…。ぼくらが仲介した物件が、大阪の旅をより色濃いものにしてくれるに違いありません!

渋井不動産
金本“KINPON”侑樹さん
希少価値に特化した物件を、店舗・住宅問わずに提案する「渋井不動産」の若き専務取締役。DJスキルにも定評があり、国内のあらゆるフェスにも出演する。

渋井不動産
大阪府大阪市中央区北浜4-1-1
TEL:06-6131-4855
HP:shibui.estate

①上方麦酒

銭湯跡地のレトロ空間で味わえるクラフトビール。

廃館した老舗銭湯の跡地をリノベしたビール工場。男湯に醸造所を設け、女湯はフリースペース、女湯の脱衣所は土日だけオープンする直売所に。ビール好きが高じてブリュワリーを立ち上げた店主・志方昂司さんが、12種類あるクラフトビールの中から、その時々でフレッシュな銘柄を提案してくれる。直売所では元銭湯らしく、生ビールを牛乳瓶に入れてサーブするのが面白い。昔懐かしい黄色いイスに座りながら、湯船に腰掛けながらと、入浴中さながらのリラックスした気分で芳醇な一杯が堪能できるのだ!!

銭湯ビール各500円。左はスッキリとした味わいのIPA、右はモルトの風味がクセになるブラウンエール。
銭湯の雰囲気をそのまま残したフリースペース。今後はここでイベントなども開催予定。

上方麦酒
大阪府大阪市東淀川区西淡路3-15-6
TEL:06-6829-6550
Instagram:@kamigatabeer

②pimer curry

デイリーに食べられる独創的なひと皿。

京町堀の閑静なエリアに誕生したばかりのカレー専門店。インド・スリランカ・タイなどを旅した店主・谷川光さんが「各国のいいとこどりです」と語るひと皿は、スパイシーながらもまろやかなポタージュカレー。ルウのベースを日替わりで仕上げるゆえ、毎日食べても飽きがこないのが魅力。
日替わりカレー1200円(税込)。この日は明太ポタージュ味。ピリッとした辛さがカレーと好相性。

「pimer curry」オリジナルキャラクターが入口に描かれる。
席はカウンターのみで、ランチ時は大混雑する。

pimer curry
大阪府大阪市西区京町堀2-3-4
サンヤマトビル202
Instagram:@p.i.m.e.r

③That’s PIZZA

本場のナポリピッツァを気軽に。

本格ナポリピッツァをカジュアルに味わえると人気のこちら。3日間も熟成させた自家製の生地を、イタリアから取り寄せた薪窯を使って高温でサッと焼き上げる。パリッとしつつもモッチリとした食感はヤミツキ必至で、1ホール約26cmのボリュームでありながら、女性でもペロッと食べられる。18種類を揃えたメニューの中でも「お店のロゴをイメージした創作ピザなんです」とおすすめしてくれた「ザッツピザ」がいちばん人気。
ザッツピザ1000円(税込)。濃厚なコーンペーストのソースと、甘さのあるリコッタチーズが好相性。

That’s PIZZA
大阪市西区南堀江2-13-17パークサイドピクチャー西心斎橋1F
Instagram:@thatspizza_minamihorie

④ALFFO RECORDS

お酒片手に心地良い音楽に酔いしれる。

DJ歴20年のオーナー・中島誠司さんが、ロックやポップス、ダンスミュージックなどのジャンルレスなレコードを厳選。広々としたスペースにはバーカウンターが併設され、お酒を呑みながら、心地よい音楽を堪能できる。週末にはイベントが開催され、いつも大盛り上がり。

好みを伝えれば、オーナーの中島さんがおすすめを教えてくれる。

ALFFO RECORDS
大阪府大阪市西区新町1-2-6 3F
TEL:06-6539-0460 
Instagram:@alfforecords

⑤大阪農林会館

個性的なテナントが集まる歴史的建造物。

イギリス出身のジョサイア・コンドル氏の建築思想を受け継いで設計し、昭和5年に竣工された「大阪農林会館」。約一世紀を経た現在も、その当時の重厚な佇まいはそのまま。エントランスには豪華なシャンデリアと木製の古時計が飾られ、一歩中に入るだけで戦前の近代建築らしいクラシックな空気感に圧倒される。そんな大阪を代表する名建築には、P.08の「odd numbers」を筆頭に、セレクトショップやヘアサロンなどの高感度なテナントが入居する。彫刻が施された手すり、大理石を配置した壁など歴史の息遣いを感じながら、各店をゆっくりクルーズすれば、いつもとは違う贅沢なショッピングが楽しめる。

大阪農林会館
大阪市中央区南船場3-2-6
TEL:06-6252-2021
Instagram:@norinkaikan

oddnumbersで他では手に入らないスーツを誂えたい。

カルチャーが感じられる独自のビスポーク。
「大阪農林会館」の3階にあるセレクトショップ「odd numbers」。数あるブランドと並ぶ同店の名物が、オーナー・末廣一仁さんが手掛けるビスポークスーツ。スカバンド“DOBERMAN”でトロンボーンとしても活躍する氏が仕立てるのは、日常の気分を上げてくれるカルチャーを感じられる一着。あえて身体のラインを消した独特のフォルムに仕上げたり、デニムやミリタリー生地を用いたりと、遊び心あふれるスーツを誂えてくれる。

オーナー
末廣一仁さん

一度見ると忘れられない洒落た佇まいの末廣さん。大阪屈指のテーラー「HYPERION」で研鑽を積んだ後、2015年に自身のショップをオープン。

まずは生地選びから。海外の上質なウールはもちろん、前述の通りカジュアルな素材も用意。
次がフィッティング。立体感を生み出すため、入念にサイズを測る。
最後はスーツのスタイルに加え、ボタンや裏地などのディテール選びに。納期は約1ヵ月半。

oddnumbers
大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館300号
TEL:06-6245-5050
Instagram:@odd_numbers

No Comments
PEOPLE

Iris Lawがアーティストとして発信するメッセージ。

南青山にオープンしたFirsthandのオープニングイベントとして行われた、モデル/ナチュラルダイアーティストのIris Lawによるタイダイ染めのワークショップの様子をお伝えするとともに、彼女が取り組むプロジェクトに対しての思いを語ってもらった。

ーモデルとしての活動以外に、ナチュラルダイのプロジェクトを始めたキッカケはありますか?

ーOther than working as a model, what was the start for this natural dye project?

学校の課題で、世界のファッション業界が生み出す汚染についてエッセイを書き、その上でどのような具体的な解決策を生み出すことが出来るのかという取り組みを行いました。その汚染要素の一つに化学染料が大きく影響していると知り、そこから天然染料について調べ実際に取り組み始めました。ドキュメンタリーや本で自分なりのプロセスを探って試していくうちに、ただただこのナチュラルダイの工程にハマってしまいました。自分の作り出す色も、このプロジェクトで発信出来るメッセージも、私はとても気に入っています。

I wrote essays at school about the pollution that the fashion world creates and then tried to portray viable solutions for each aspect. One of the main elements was the chemical dyes and that led me to research and try out the natural dyes. I fell in love with the process because I figured out my own process and took inspiration from lots of books and documentaries. I love the colours I can make and the message it sends.

ーなぜALMのテツ氏とのコラボレーションをするに至ったのでしょうか?

ーWhy did you want to collaborate with Tetsu?

小さい時から彼の作品が大好きで、いつも父から借りるALMのフーディーがあったんです。当時は彼のリサイクルカシミヤを使用して環境に配慮したプロジェクトを行っている事を全く理解していなかったのですが、大人になり、同じコンセプトについて取り組みを行い始めて改めてALMの偉大さに気付き、彼とのコラボレーションを実現させたいと思いました。

Since I was very young I loved his work and had a hoodie which I always borrowed from my dad by him. I never understood the concept that he used recycled cashmere and was helping the environment with his message until I was older and was also interested in the same message.

ーFirsthandの取り組みや、展開されているアイテムについてどう思いますか?

ーWhat is your thought for the items that’s carried at Firsthand?

エレガントかつ洗練されたカラフルな色使いや、遊び心のある展開がすごく好きです。また、例えば、リサイクル素材のアイテムがあったり、エシカルな生産背景で作られたアイテムがあるなど、サスティナブルというコンセプトを基に様々な意味が混在している所も本当に素敵だと思います。

I love the range of playful and colourful with refined and elegant. I also love the mixture of means to make the items sustainable for example there’s recycled materials as well as ethically made materials.

No Comments
PROJECT

アーティストHAROSHIが日本初上陸のPANGAIAとコラボレーションした理由。

スケートデッキの廃材を使用し、彫刻作品を作るアーティストのHAROSHI氏をご存知だろうか? 青山に新しくオープンしたショップ、「Firsthand」にて、日本初上陸のブランドPANGAIAと彼のアートがコラボレーションしたアイテムが限定で発売された。「アパレルとこのようにコラボレーションをするのは今回が始めてでした」と話すHAROSHI氏。彼はいままでどのように活動し、今回なぜPANGAIAとタッグを組んだのか、話を聞いてみた。

友達のようにとても距離感が近いひとたちだったので、一緒になにか作れたらいいなと。

まず、今回パンガイアとコラボレーションしたきっかけを教えてください。

オーナーでもあるジャスミンが、もともと僕の作品を買ってくれていたんです。それでパンガイアを知ることになりました。彼女たちが作る服は、リサイクルやトレーサビリティなど、環境に配慮したものを作っていて。僕も、スケートボードの廃材を使って、もの作りをしているので、自身のものづくり精神と近いものがあるなと感じていました。それで今回、「HAROSHIの作品をTシャツにプリントしたい!」とコラボレーションの話しをもらったんです。これまでアパレルとなにかをすることはしてきてなかったんですが、考え方も似ているし、ジャスミンはもちろん、パンガイアに携わっているひとたちは、友達のようにとても距離感が近いひとたちだったので、一緒になにか作れたらいいなと思ったんですよね。

ーHAROSHIさんはどうしてスケートボードの廃材を使って、ものづくりをはじめたんですか?

昔、彫金の仕事をしていました。100個、200個と全て同じものを作らなくてはならない量産の世界で、少しでも違いがあると検品で落とされてしまったりするんです。もちろん、商品だから仕方ないんですが、それぞれが違うからこそのかっこよさもあるのにな、と常に疑問を感じていたんですよね。なので、いっそのこと自分でなにかを作ってしまおうと思って、木目で同じものはひとつもできない、木を素材にしたアクセサリーを作り始めました。けど、いい木って値段が結構高くて、なかなか買えず(笑)。そしたら奥さんに「そこにたくさん置いてある板(スケートボードの板)でやってみれば?」と言われたのが最初のきっかけです。

ー最初はアクセサリーを作っていたんですね。

そうなんです。けど、アクセサリー販売だけで生活できるほど、売れていなくて。で、「売るためにどうしようかな?」と考えたときに、展示するときの看板やポップ、アクセサリーを陳列する台も木で作って、一緒に置き始めたんです。そうしたらお客さんから、そっちの方が好評を得るようになって(笑)。いろいろ作っては一緒に展示していくうちに、「これで個展をしませんか?」ってお話が来たんです。で、展示をしていくうちに、一人のアーティストとして認識されるようになりました。

自分のアートがどこの場所でハマっていくのかを知ることが大事。

ー現在では、日本も含めニューヨークでも活動されていますよね。

日本で活動をしていくなかで、「アートとして、もっと評価を受けるにはどうしたらいいのかな」と考え始めたんです。こういったスケートボードから派生したストリートのカルチャーは、全部アメリカから来ていて、自分はそこに影響を受け続けてきたので、やっぱり本場で認められたいなとずっと思っていたんです。で、いろいろと自分に合いそうな海外のギャラリーを探していたときに、ニューヨークの『Jonathan Levine Gallery』を見つけて。当時、ロウブロウやストリートアート界ではとても有名なギャラリーで、そこから「Jonathan Levineで展示したい!」とそこかしこでずっと言い続けていました。そしたら作品を買ってくれた人で、「ギャラリーのオーナーと知り合いだから、作品を見せておくよ」という方に出会って。そしたら、オーナーがとても気にいってくれて、「ぜひ個展をお願いしたい」と連絡がきたんです。そして、2011年に個展をさせてもらいました。その展示の評判がすごく良くて、ギャラリーに所属するようになってから、Jonathan Levine Galleryを起点に活動していくようになりました。

ー海外での活動と、日本での活動の違いってありますか?

ニューヨークは全人種がいるということですかね。当時はいまみたいにInstagramのようなものもなかったし、とにかく現場に行って、いろんな人に見てもらって、印象に残らないとなっていう意識がありました。日本だとどうしても日本人が多いので、それ以上に広がりにくいところはあるかもしれないです。けど、アートってその土地の受け手によって、全く反応が違うので、自分のアートがどこの場所でハマっていくのかを知ることは大事だなと思っています。

ー今回のコラボレーションを通して今後チャレンジしていきたいことはありますか?

今回はじめて、アパレルとコラボレーションをしたのですが、Tシャツなどで気軽にアートを取り入れられることができるのは、やっぱりいいなと思いました。これからも、自分にとって関係性の濃いチームと一緒に、新たな何かを生み出していけたらいいなと思います。

 

Text_Fumika Ogura

 

No Comments
PROJECT

サスティナブルなコンセプトストア「Firsthand」がオープン。

2019年10月13日(日)、サスティナビリティを意識した新たなコンセプトストア「Firsthand/ファーストハンド」が南青山にオープン。ローンチパーティが11日に開催された。

また13日、14日にはオープニングイベントとして、モデル/ナチュラルダイアーティストのIris Lawによるタイダイ染めのワークショップや、家屋解体時の廃ガラスに生花市場や山々で採取した草花を掛け合わせたプロダクトを制作する「HACOMIDORI」のセミオーダーイベントなどが行われた。

 

Firsthand / ファーストハンド

Fashion – Sustainable – Art をテーマに、デザイン性やクォリティー、モノ作りといったクリエイティブを重視したサスティナブルなコンセプトストア。ここでしか出会えないブランドやアイテム、ここでしかできない実体験、新しくスタイリッシュなカルチャーとファッションをここから発信していく。
ファーストハンドディレクター福留聖樹のもと、「A LOVE MOVEMENT」デザイナー兼アーティストの大久保鉄三氏とファッションキュレーターの小木“POGGY”基史氏をプロジェクトアドバイザーに迎え、コンセプトに共鳴するブランドやアーティストが集い、買い物をする方々がサスティナブルの1歩を踏み出せるSHOPを目指す。


 

No Comments
PEOPLE

DAYTONA SURF CAMP 2019

デイトナ・インターナショナルの数ある恒例行事のひとつ、サーフキャンプが今年も開催された。脈々と受け継がれる社内のカルチャーを実際に体験し、自ら価値を知ることに大きな意味を持っている。

社外からもHAIR ​CALIFORNIAさまによる青空ヘアカットや、Brand ​new ​dayさまによるベンガラ染めT-shのワークショップなど「CONNECT ​WITH ​CUSTOMERS -よく遊び、よく仕事をする-」をテーマに掲げている今期を象徴するようなイベントとなった。

No Comments
freak