Top

TENBOX×FLORSHEIM “ルールの先に見えてきたもの”

旅から生み出されるリアルな体験や情景をコレクションに落とし込み、ファンから強い共感を得るTENBOX(テンボックス)。今回、そんなTENBOXがコラボ相手に選んだのは“FLORSHEIM(フローシャイム)”。TENBOXのPIGUさんとKAEさんにFREAK’S STORE バイヤーが今回のアイテムについて聞いていくと、コラボの理由から今後の話にまで発展し…!?

自分が初めて買った革靴がフローシャイムのコブラヴァンプだった事が理由

FREAK’S STORE バイヤー天沼(以下:天):実際にお会いするのはけっこう久しぶりですね。

PIGU(以下:P):たしかに。でもコラボの件とかでけっこうやり取りはしていたから久しぶりっていう感じはあんまり無いですね。

天:PIGUさんとは色んなコラボをやらせて頂いていますが、今回はちょっとマニアックな“フローシャイムのコブラヴァンプ”をやりたいとオファーをもらいました。何か理由があったんですか?

P:コラボのオファーをもらった時に革靴を作りたいな~と考えていて、その時に自分が初めて革靴を買ったのがフローシャイムのコブラヴァンプだった事を思い出して、お願いさせてもらいました。

PIGU氏私物のガラスレザーが使われたコブラヴァンプ

天:PIGUさんからオファーをもらってフローシャイムのアメリカに連絡を取ったりして何とか別注の話に繋げる事が出来ました。コブラヴァンプに何か思い入れがあったんですか?

P:12、3年前に初めて買った革靴がフローシャイムのコブラヴァンプだったんですよ。 もう既にこの形が“コブラヴァンプ”って呼ばれていて、何だか不良っぽくて凄くかっこいい呼び方だなと思って購入したのを覚えています。そこから少しずつ靴に対するこだわりが出てきて、今は革靴に限らずスニーカーなどを履く時もスリッポンタイプのものしか履かないっていうこだわりに繋がっていますね。

こういう配色のシューズを一足旅に持っていけば、スーチングのルールとかを考えなくていいかなと

天:今回はフローシャイムではあまり見られない異素材やコンビカラーの配色の希望をもらったんですが、これは何でだったんですか?

P:僕たちは革靴のコラボをやっているんですが、その時のこだわりの一つして、黒と茶色のようなコンビカラーの配色を採用させてもらっています。
良くスーチングのルールなんかで靴とベルトの色を合わせるみたいなものがあると思うんですが、 ああいう事が個人的にはわずらわしくて、こういう配色のシューズを一足旅に持っていけば色んなルールとかを考えなくて良いので、今回も採用させてもらいました。

天:最初にアイデアをもらった時に自分もかっこいいな!と思って、すぐにフローシャイム側に相談してみたんですが、けっこう難しいかもと言われてしまいまして、、

P:そうそう。ちょっと出来ないかも、、、なんていう話も出たから念の為もう一案として考えていた片方にスムースレザー、もう片方にエンボスレザーっていう案も出させてもらって、実際サンプルを上げてもらったら思いの他カッコよかったので、こっちもリリースさせてもらう事にしてもらいました。

天:製法上の問題なのか、こういったコンビカラーとか片方ずつで素材が違うとかはほとんどやった事がないらしいです。

P:僕もフローシャイムではホントに見たことないです。今回は自分の思い入れがあるシューズブランドでこういった別注が出来たのがホントに嬉しいですね。

ストリートだったりカジュアルなスタイルのハズしとして履いてても合うから、見た目より懐は深い

天:実際に作ったサンプルはPIGUさんにお渡ししていたら、何とメキシコのトリップで履いて頂いていたんですね。

P:そうそう。やっぱり履いて旅して試してみたかったので。。さっき見てもらった昔のフローシャイムに比べて凄く足馴染みが良くてびっくりしました。

天:PIGUさんの私物の方はガラスレザーだったので質感は非常にいいですけど、今回の別注は柔らかめのカウレザーを使っているのでそれが良かったのかもですね。

P:スニーカーと革靴だとけっこうサイズが違ってややこしい事ってあるじゃないですか? でも、今回のコラボはスニーカーに近い感覚でサイズ選びが出来るので、気軽にスリッポンタイプのスニーカーのような感じで選んでもらえるんじゃないかなと思います。

天:TENBOXやFREAK’S STOREのアイテムとも相性が凄く良さそうですね!

P:僕はあんまり詳しくないけどコブラヴァンプを知っている人だと、アイビースタイルの流れを知っていて、そういうスタイルに合わせる人も多いと思うんですよ。でも実はこのシューズはストリートだったりカジュアルなスタイルのハズしとしても使えるので見た目より懐は深いシューズだと感じますね。

天:メキシコで履いててもらってどうでした?

P:とても調子良かったです。メキシコって凄く靴磨きの文化が盛んで、履いていて1回だけ路上で磨いてもらうシーンがありました。僕はあまりレザーシューズをこまめに手入れするタイプではなく、旅のそういったシーンで手入れをしてもらうんですが、そういう手入れをする感覚も含めて普段のスタイルのアクセントになってやっぱりいいですね。早く製品を履きたいです!

メキシコで見たようなもの凄く色がキレイなラグとか、精巧に作り込まれたテーブルやイスとかで部屋を作りたい

天:PIGUさんも色んなアイテムやコラボを手掛けていますが、今後は何かやりたい事ってありますか?

P:今は”家具”とか面白いかなって思っています。

天:家具ですか?

P:秘書のKAEと一緒にメキシコを巡ってる時に、もの凄く色がキレイなラグとか、精巧に作り込まれたテーブルやイスとかを見つけて。こういう家具とかで部屋を作ったら超カッコいいと思ってはいるんですが、なかなかTENBOXの規模だけでは出来ないからどこかと一緒にやれたら面白いなと構想しています。

天:凄く良さそうですね!笑

P:もちろん家具だけではなく、自分たちが旅した中で面白かったものや良いものはどんどん形にしていきたいと思っているから色々とまた面白いものを作らせてもらいたいですね!

天:ぜひ宜しくお願いします!