Top

Think locally with FREAK’S STORE

全国各地に根差し、それぞれのローカルと共に独自の展開を見せるFREAK’S STORE。
その中から今回はいくつかの店舗をご紹介、各地の特色を活かしたお店を是非ご覧ください。さらに地方店舗で展開している一部商品はこちらからもご購入いただけます。


FREAK’S STORE NAGANO

長野の土地ならではのローカリズムと旬をうまく調和させています。

梶原敏之_長野店店長

FREAK’S STORE長野
長野県長野市北石堂町1402-1
甲州屋ビル1・2F
TEL:026-226-7915

今年の3月、善光寺に続く街道沿いに移転した長野店。
信州りんごを使用したAPPLE TRIPの商品や、陶器を使ったPOTTERY STUDIO Kのアクセサリーなど、長野独自セレクト商品も。
アイコニックなチェコ軍のテント生地を使った暖簾はTake Productによるもの。
Take Productによるトートバッグ。
古河店のオープン記念に制作されたモデルだが、
もちろん長野でも取扱中。
地元、信州りんごを使用したAPPLE TRIPの商品も多数ラインナップ。
材木屋が作るプロダクト

「生活・民芸・ときどきPUNK」。そんな一風変わったテーマを掲げたデザインレーベル「Take Product 」を長野で営んでいるのが竹内利充さん。

「もともとは100年近く続いてる材木店・建築工務店を営んでおり、そのデザインレーベルとして立ち上げたのがTakeProductです。自分ではアパレルブランドという認識はなく、あくまでも材木屋が作るデザインプロダクトとして商品を打ち出していきたい。国内外の民芸品や工芸品にフィーチャーしたり、生活の中に落とし込まれた物を枠に捉われず発信しています」と本人が語るように、竹内さんが手掛けるTakeProductの商品は、あくまで実生活に根ざしながら遊びのあるプロダクトが多い。

シンプルで使いやすくはありつつも、画一的なデザインが溢れるている昨今。自身のルーツを大切に守りながら、遊びと実用性を兼ね備えた表現を続ける姿勢に、地方発信ならではの本質的な価値が垣間見える。

竹内利充
インテリアデザイナー/建築士/Take Product
竹内木材株式会社

FREAK’S STORE KARUIZAWA

キッズスペースもあり、
ご家族全員が安心して楽しめる空間です。

井上亮太郎_軽井沢店店長

FREAK’S STORE 軽井沢プリンスショッピングプラザ店
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
軽井沢プリンスショッピングプラザ ニューイースト17・18
TEL:026-731-5336

Pie Standでスイーツも楽しめる軽井沢店。
アップルパイにベルギー産のアイスクリームが乗った“パイスクリーム”や、アップルキャンディー(りんご飴)ほか、季節のドリンク類が揃う。ショッピングだけでなく小休憩にも訪れたいお店。
リンゴを大胆に使ったアップルキャンディーが大人気。
食べやすいカットサイズでも渡してくれるので、ぶらぶらウィンドウショッピングをしながら楽しめる。

FREAK’S STORE NIIGATA

地元のユースカルチャーとリンクしながら、
新しい発信を続けています。

坂田岳_新潟店店長

FREAK’S STORE ビルボードプレイス新潟店
新潟県新潟市中央区八千代2-1-2
シティ・ビルボードプレイス 1F
TEL:025-24 0-4610

2018年にオープンした新潟店。広い店内では旬なアイテムが豊富に揃う他、フリーペーパー新潟美少女図鑑や某人気TV番組でも話題になった“あの”バスセンターカレーとの共同企画など、ならではの発信も多数。

FREAK’S STORE SHIZUOKA

ボードカルチャーも盛んで、日本のSFとも言われる静岡らしい空気感が魅力です。

鎌田祥子_静岡店店長

FREAK’S STORE静岡
静岡県静岡市葵区紺屋町8-13 内野ビル 1F
TEL:054-266-4567

大型路面店として2017年にオープンした静岡店。
静岡を代表するマーケットフェスYES GOODMARKETへの出店や、
過去に行ったJリーグ清水エスパルスとの共同企画なども大きな話題に。
もともと10年ほど前、サンフランシスコ発のコーヒー文化に感銘を受けて地元でコーヒースタンドを営んでいたんです。そこに偶然、鹿島さん(デイトナ・インターナショナル代表取締役)がいらして気に入って頂き、そこから今日まで様々な形で交流が続いています。
静岡のお店も立ち上がり時から関わらせてもらいました。自分たちが毎年行っているYES GOOD MARKETにも出店してもらったり、これからも一緒に楽しい企画を考えていけたらいいですね。
湯本弘通
SEE SEE代表