PEOPLE

Artist Program -#04 One scene, One kill-

様々なアーティストをフックアップし、フリークス ストア独自のフィルターを通し具現化する、Artist Program。第四回目は映画好きのイラストレーターと映像プロデューサーによるプロジェクト”One scene, One kill“が登場。”One scene, One kill” is a project by movie lovers Illustrator, Video Producer.

ー今回はどのような経緯でコラボに至ったのでしょうか?

フリークス ストアに知り合いがいて、映画の話になったのが始まりです。「最近、映画で印象に残ったワンシーンを絵にしているんだ」と。出来上がった絵を見せると返ってきた言葉が「めっちゃいいじゃん!アーカイブにしてみたらどう?」そこから物語は始まりました。

ーフリークス ストアにはどのようなイメージがありますか?

欲しいものに手が届くイメージですね。取り扱ってるブランドのセンスがいいと思います。映画絡みのモノもあったりして、個人的にとても嬉しいです。

ー今回のイラストのテーマやイメージはありますか?

僕たちは「イラストをキッカケにいい映画に出会ってもらう」を軸に活動しています。もちろん今回も、衣服になったイラストをキッカケにいい映画に出会ってもらえたらと思ってます。欲を言えば、”この服を着ている人”を見た人にもいい映画に出会ってもらえたらいいなぁー、なんて思ってます。

ー様々なアイディアはどこから生まれますか?

好きな映画と日常生活で出会ったものが頭の中で融合されて、配色とかどこを切り取るとか決めています。モチーフは映画ですけど、ふとした瞬間、例えば電車に乗ってておじさんが駆け込んできたときとかに「ブルース・ウィリス!」って思っちゃったりして、日常生活で映画のシーンと重なることがほぼ毎日あるんです。その時の状況とブルース・ウィリスの映画とが掛け合わさって「こんなモチーフで描こう」とか、そういう感じです。

One Scene One Kill×FREAK’S STORE プルオーバーパーカー

ー作品を制作する際、特に気をつけていることなどは?

とにかく映画を見て、印象に残ったシーンを頭の中で反復させています。そのシーンの前後とか、役の心境とか、モチーフにしたシーンの文脈を頭で考えながら、一枚絵で可能な限りディティールが伝わるようにしています。

ー最近気になっていること、ハマっていることはありますか?

FilmarksとTikTokと、1日経つと無料で読める漫画アプリ(6つくらい)にハマってます。TikTokは最近の若者の自己顕示欲とか承認欲求の塊って感じがすっごい面白くて、ついつい見ちゃう。漫画アプリは、無料で漫画読みたいだけです。

ー普段の生活での熱狂性を感じるエピソードはありますか?

熱狂的かどうかわかりませんが、「自分の世界」という映画の主人公として、おもしろおかしく生きています。どう考えても自分が主人公。悪いことがあっても、こういう展開あるよなー!って結構ポジティブ(笑)。あとは最近思うのは、映画の中では ”優しい男が幸せになる” っていう展開がセオリーなので、スウィートボーイを心がけています。

ー今後どんな活動をしていく予定ですか?

映画で夢を見させてもらった分、違うフィルター(イラスト)で色んな人と夢を共有していきたいです。

“世界中の映画やドラマなどが溢れかえるこのご時世ですが、イイ映画との出会いは、いつだって一期一会。私たちのイラストをキッカケにイイ映画に出会ってもらえたら良いなーと思って描いてます。

 

No Comments
Previous Post
2019-11-19
Next Post
2019-11-19
freak