PEOPLE

Artist Program -#03 WEIRD ART WORKS-

様々なアーティストをフックアップし、フリークス ストア独自のフィルターを通し具現化する、Artist Program。第三回目は主にサインペインターとして活動するWEIRD ART WORKSさんが登場。アメリカの文化に惚れ込み、幾度も渡米し独学で習得、手書き分野におけるチョークアート・壁画・ハンドレタリング・タイポグラフィ・グラフィックデザイン・ロゴデザイン・イラストレーションを得意とし、サインペインターにとどまらずマルチに活躍する。

 

ー今回はどのような経緯でコラボに至ったのでしょうか?

フリークス ストアのスタッフさんに声をかけてもらったからです。いや、本当に嬉しかったですね。いつか、一緒に仕事が出来たらいいねって話してて、だから夢がひとつ叶った感じです。

ーフリークス ストアにはどのようなイメージがありますか?

常にトレンドを取り入れてるにも関わらず、でも懐かしさも忘れてなくていい意味でアメリカ臭さが出ててるところがいいですよね。

ー今回のイラストのテーマやイメージはありますか?

テーマはアメリカにありそうなちょっと風変わりなDINER、「WEIRDTHINGS DINER」です。

コンセプトは「Enjoy the Upside Down」で、アメリカの主要都市には必ずと言っていいほどあって、店舗により異なり、非日常感が味わえると人気のDinerがイメージとなっています

WEIRD ART WORKS × FREAK’S STORE ビッグシルエット プルオーバーパーカー

 

ー様々なアイディアはどこから生まれますか?

今まで観てきた映画だったり、特にアメリカに行った時に感じた事、買ったお菓子のパッケージデザインからレンガの壁のサインだったり、看板とかホームレスの格好とか見た事、経験した事全てです。

WEIRD ART WORKS × FREAK’S STORE クルーネック スウェット

 

ー作品を制作する際、特に気をつけていることなどは?

僕、映画オタクなんですよー、今まで観た映画のワンシーンだったり、タイトルのロゴだったり、セットの看板とか小物とか俳優さんの着てる服だったりとか普通の人があまり気にしなさそうな所とか注意深く見てデザインにしてます。で、もしそういった所とか気づいて貰えたら嬉しいですね。

ー最近気になっていること、ハマっていることはありますか?

最近はA24の映画にハマって観てます。A24の映画ってなに観ても面白いんですよー。ハマった作品はハーモニー・コリンのスプリング・ブレイカーズ。でも日本未発表?も多くてMid 90s The last Black Man in San Francisco とかめっちゃ面白そうなのにまだ観れてないんです。

ー普段の生活での熱狂性を感じるエピソードはありますか?

やっぱりアメリカに行くと刺激貰えるんでもっともっとアメリカに行って刺激受けまくって、そこからまた仕事に繋がったら最高ですよね!だからもっと頑張ります(笑)

ー今後どんな活動をしていく予定ですか?

サインペイント中心で活動していくのはもちろんなんですが、デザイン関連全般に色んな事やってみたいですね。特に大きなMural(ウォールアート)とかライブペイントをやってみたいですね。色んな事を経験してみて自分の可能性を試してみたいです。

No Comments
Previous Post
2019-11-05
Next Post
2019-11-05
freak