PROJECT

デイトナがクリエイションを発信し続けるギャラリースペース「OPEN STUDIO」とは

フリークス ストア渋谷店に併設されるギャラリー「OPEN STUDIO」。

この空間の主ともいうべきディレクターの落合に、実験的な取り組みを発信し続けているOPEN STUDIOの歴史を紐解いてもらった。

—OPEN STUDIOを始めるにあたっての経緯を教えてください。
フリークス ストアの旗艦店である渋谷店が2017年にリニューアルするにあたり、構想の段階からギャラリースペースの計画はありました。さらなる新しい価値を創造する路面店のあり方をメンバーで議論を重ね、フリークス ストアとは一線を画したギャラリースペース「OPEN STUDIO」が生まれました。

—OPEN STUDIOの存在意義とはどのようなところにあるのでしょうか。
OPEN STUDIOは企業価値向上(ブランディング)の活動場所として、様々な価値を発掘・編集・発信することによる出会いが既存ビジネスの繁栄や新規ビジネスの創造のプラットフォームとして機能することをミッションにしています。

—企画内容はどのようにして決定されていますか。
キュレーションの内容は大きく3つに分かれます。まずは私自身のノリ(直感)でアーティストやブランドを選定・編集するパターン。2つめはフリークス ストアで扱うブランド(MD)をさらにブラッシュアップして編集するパターン。3つめはスペースをお貸出しして借主が自由に編集するパターンと様々です。

—これまで大小様々なイベントが開催されてきたと思いますが、特に印象深い企画は何でしたか。
まずは2017年に開催した、PARK DELICATESSEN POP UP SHOPです。プライベートでNYに行った時に目に止まったブルックリン発のローカルショップで、フラワーとスケートボードといったコンセプトが面白くて個人的にインスタでもつながっていました。OPEN STUDIOの誕生により、オーナーのマイケルに直談判してポップアップが実現しました。ローンチパーティは非常に盛り上がり、アイテムも当日でほぼ完売。次シーズンからフリークス ストア全店で独占的に契約販売につながりました。

つぎに、2018年開催のYOSEMITE CAMERA STRAP CUSTOM POP UP SHOPです。20代の頃から付き合いのある写真家HOBBY IZAKI率いるスモーキーサンデーが提案するYOSEMITE CAMERA STRAPのリニューアルのタイミングでカスタムオーダーショップを開催。期間中はカメラのストラップとしてだけではなく、iPhoneやキーホルダーに付け斜めがけし、ファッションアイテムとして提案したことから、現在大人気のYOSEMITE MOBILE STRAPの開発・販売につながりました。

—まだ記憶にも新しい、今年反響を呼んだ企画もあったかと思います。
マルチクリエイター「米ちゃん」こと米原康正氏とのコラボ企画は大きな反響がありました。男性にはおなじみ?のロケーション「例のプール」をファッション的に解釈したインスタレーションで、モデルのモーガン茉愛羅さんを起用した作品や、例のプールをアイコン化したファッションアイテムを提案し、ローンチパーティ当日でほぼ完売しました。数多くの芸能関係者の着用もあり、その後はオンラインショップにて継続的に販売し、偽物商品も多数出回るほどでした。

また、8/18まで開催しているRVCAが年一度開催するWORLD TOURをベースにしたイベントでは、作家・コメディアン・料理人など様々な肩書きを持ち、RVCAとも深い関係を持つ「MATTY MATHESON」とのコラボレーションアイテムをローンチ。マティ本人も来場し、ウェルカムフードとしてチーズバーガー300食を振舞い、600人に及ぶ大行列ができました。コラボアイテムも当日で完売し、RVCAのアーティストネットワークのパワーを改めて感じたイベントでした。

—運営上、大切にしているポイントはありますか。
常に新しいネタを探さなければならないという使命感は強く持っています。また孤立奮闘しながら進めていくストレス耐性や、アーティストとのコミュニケーション能力が試される場面は多くあります。

—今後はどのような発信をしていく予定ですか。
社内でもギャラリー活用の意識が高まってきているので、様々な角度からさらなる新しい価値を発掘・編集・発信していきたいと思っています。また国内だけではなく、海外からのオファーも少しずつ増えてきているので、日本でキュレーションするならココみたいな感じでさらに認知度を上げてたくさんの良い出会いを創造していきます。

落合 輝
Creative Design Office.ディレクター
PROFILE:1972年生まれ。1995年入社。販売スタッフ、店長、PR、販売促進などを経て2017年現職に。フリークス ストアの旗艦店である渋谷店に併設するギャラリースペースOPEN STUDIOのキュレーターとして様々なアーティストやブランドとコラボレーション活動する傍ら、企業ブランディングやロイヤリティビジネスにまつわるアートディレクションやグラフィックデザインも担当する。

No Comments
Previous Post
2019-08-08
Next Post
2019-08-08
freak